情報がオープンになっている

セミナー

英会話と言えば、日本には様々な教材が存在しています。英会話教室なども存在しており、どこを選ぶか迷っている場合にはその人にぴったりのところを選ぶのが良いでしょう。この点、プロジェクト2020の場合は比較的オープンになっていますので様々な情報を手に入れることが可能になります。例えば、最初に5回からなる動画を閲覧することが可能になるでしょう。この動画を見たときに、概ねどのような流れになっているかを理解することが可能になります。おおよその流れや開発者の考え方がわかれば後は自分が参加する意思表明をするだけです。その時の料金などもあらかじめ説明されますが、基本的に動画に関しては料金の負担はありませんので安心して決断することができるでしょう。

動画はどのような内容になっているか

セミナー

プロジェクト2020に参加する場合、まず動画からスタートしなければいけません。Eメールアドレスを登録したときに、返信が返って来ますがその時に動画を見ることができるようになっています。動画は5分程度のものではなく1時間程度になりますのでそれなりに時間がかかると考えて良いでしょう。動画を見るときの注意点は、どのようなことを学んでいく事ができるかをよく理解することです。この時、自分が得たいものを手に入れることができるならば、そのままスピークアウトと呼ばれる本編に入った方が良いでしょう。ちなみにプロジェクト2020とは最初の動画の部分を意味しその後スピークアウトと呼ばれる本編に入っていくのが特徴です。スピークアウトでは料金が掛かります。

スピークアウトでかかる費用とは

セミナー

これからプロジェクト2020を本格的に申し込む場合には、スピークアウトと呼ばれる本編に登録をする必要があります。ここに登録することで、ようやく本格的な英会話を学ぶことができるでしょう。英会話は、料金を振り込んでからスタートすることになります。まずは料金を払い込みますが、コースが2種類あるためそれぞれの料金の違いを理解しておく必要があります。例えば、30フレーズだけ学ぶコースは10万円程度の費用で学ぶことができるようになります。このコースは、それほど多くのフレーズを覚えないため勉強する期間もおよそ2ヶ月程度になるでしょう。その期間は、毎日英語漬けになる位の気持ちで取り組む必要があります。ただし、1回のレッスン自体は30分程度になりますのでそれほど生活に支障をきたすような事はないでしょう。これに対して、60フレーズを覚えるコースのほうは20万円程度の金額になります。

広告募集中